FC2ブログ

ケルン 酒田市

飲み屋
03 /01 2015
飲み屋を3件はしごしましたが、飲み物は抑え気味
その理由は、最後に行く事にしていた、こちらのお店 ケルン

酒田に、この店ありと言われるほどの有名店
この店も本当に来たかったのです

けるん1

電光看板に掲示されていますが
オリジナルカクテル 「雪国」 を作ったバーテンダーさんのお店

 ウィキペディアより
 1959年(昭和34年)に行われた第3回サントリー(当時は「壽屋」)ノーメル賞グランプリ
 ホームカクテル・コンクールで優勝したカクテル
 考案者は、山形県酒田市で喫茶店ケルン(Kern)を経営している井山計一
 1957年(昭和32年)の冬に考案された。

そう、このお店はお昼が喫茶店で、夜はバーなんです
バーと言うと妖艶なお姉さんがお酒を勧める様なお店と思いがちですが
こちらは純粋にアルコールを嗜む、高級ホテルにあるバーと同じです

カウンターに座って、注文は勿論の「雪国」

けるん2

ライムコーディアルの淡い緑色に、ミントチェリーが映えます
グラスの縁は塩ではなく砂糖、これが最大の特徴

そして、一口
グラス縁の砂糖の甘さが来た後に、ライムの強い酸味
そこに、かなり強めのウオッカのアルコールを感じます

甘いチョコを食べて、強いお酒を飲むような感じかな
甘味・酸味・アルコール共にハッキリと際立ったカクテルです

そしたら、雪国の記事をそっと差し出していただきました

けるん3

この方が、そのバーテンダーさん

このカクテルを飲むためだけに、多くのお客さんが来ますし
その期待に応えてきたのが良く分かります

そして、少し悩みながら・・・・

ココまで来たら、是非ともと・・記念写真をお願いします

こんな事にすっかり慣れた井山さんは
快くOKしていただけました


けるん4

御年90才!!
自分の親より遥かに高齢なのに、このシャキッとした姿にビックリします

井山さんが作る、このカクテルが飲みたくて来た事を話すと
自分が住む町の、あの人が来たとか・こんなお店があるはずとか
知識・人脈・経験の豊富さに、ただひたすら聞き役になります

けるん5

そして、その間も他のお客さんの注文を次々と作りあげていきます

その手さばきは、年齢を感じないどころか
よどみない流れる様な世界を作り上げています
本当に、惚れ惚れしますね

経験から裏打ちされたワザで計量用のジガーは用いず
色々なビンから次々と注いでいきます

ところで、他のお客さんが頼んだカクテルの作り方でビックリした事が・・
3つあるグラスの真ん中は、その形からドライマティーニ
グラスを氷で冷やしている間にマティーニを作る訳ですが
右端のステアグラスには、もう氷は入っていません

つまり、薄まる事を嫌って(ドライだから)氷は各道具を冷やすだけ
これが井山さんの作り方

どおりで、氷と共にシェイクしたはずの雪国も
アルコールを強く感じたのは「井山さんの味」なんですね・・・・
そんな事を色々と楽しい話をして、2杯目はコチラ

山形生まれのカクテル 「花笠」
けるん6

山形をイメージしたサクランボ色に染まったカクテルは
サントリーのリキュール、「ジャポネ桜」を使用した物

そして、グラスの中にサクラの塩漬けをお湯で戻した物が入ります
この、開いた花弁が山形最大のお祭りである
花笠まつりを舞い踊りる際の「花笠」に見立てています

けるん7

こちらについても、テキパキとサクラの塩漬けをお湯で戻して
シェーカーにレシピ通りの材料を入れていきながら
井山さんからカクテル誕生の秘話や
その後の色々な話をお伺いしました

結婚式などお祝い事の時に飲まれる「桜湯」と同じ香りと
リキュールからか来るほんのりとした甘味

でも、この花笠もシェイクして冷えてますがアルコールがハッキリと濃いめ
井山さんに言わせると、自分は古い人間だから・・・と
確かに今の若い人は、度数の低いチューハイとかだからね~

本当にお客を楽しませる話し上手で、色々な話がいつまでも尽きませんが
カクテルグラスにほぼストレートのウオッカやジンを2杯も飲んで
自分もかなり酔いが回りまして
ご馳走様でした

念願が叶って、本当に満足です
お体に気をつけてお店を続けて下さい

お店情報
住所 : 山形県酒田市中町2-4-20
営業 : お昼は喫茶店として営業(カクテルなし)
      夕方から井山さんがバーとして営業
      夜の部は基本的に無休、ただし井山さんの体調により臨時休業有

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

これまた

素敵なお店ですね~☆☆☆
お店といい、看板といい、カクテルといい、
マスターといい、雰囲気がありすぎです☆

夜中にしっぽりと飲みに行きたくなるお店ですね!
こんな素敵なお店も山形にはあるんですね~( *´д`* )

ハートペンギンさんへ

ありがとうございます

こちらは知る人が知る超有名店で
バーで飲めるスタンダードメニューである
「雪国」の本家の味を勉強に
全国からバーテンダーさんも来るそうです

ですので「雪国」はどこでも飲めるのですが
本家を味わってみたかったのです

甘味と酸味が先にくるので
女性でも飲みやすいかもしれません

女性とバーに行けるような
渋い男になりたいものです(大笑い)