FC2ブログ

どんがら汁@山形

歳時記
01 /18 2021
案山子です、今回は山形冬の名物

山形で鍋と言えば、秋の芋煮会!
里芋や牛肉などをダシ醤油で煮た鍋が
もう全国的にも有名かと思っています

ところで、冬は日本海で獲れる真鱈があります
その身をさばいた残りのガラ部分を
大鍋で煮込んで作る、その名もどんがら汁が
山形の冬の風物詩なんです
スーパーなどでもブツ切りパックが並びますので
自宅でどんがら汁となりました

IMG_2149.jpg

早速、大鍋で真鱈のガラを煮込みます
野菜は銀杏切りにした大根のみ
ひたすら灰汁を取りながら煮ること、しばし

少しの味噌で味を調えて味付けは完成
仕上げに加えるのは、コレ!

IMG_2148.jpg

真鱈の「白子」ですね
地方によっては、だだみなんて言うかな
どんがら汁には真鱈の肝臓と白子が入らないと
味が出ないなんて言われますね
ガラのパックとは別料金で購入しました

IMG_2150.jpg

ハイ!完成です
タラの皮目の方が出るような
もう少し「映える」盛り付けにすれば良かったかな
もう食べたい気持ちの方が勝ってますので

どんがら本場である海沿いの庄内地区では
ここに乾燥岩ノリを加えるのが重要らしいです
内陸の自分は岩ノリが入手できないので
薬味のネギだけでも十分ですよ

この熱々のどんがら汁に冷たいビールで
あ~~、たまらない!
頭や背骨、カマや胸ビレなど色々な部分から
良いダシが取れまして
さらに、肝臓からはコクと脂が出て最高!
冬に食べるべき一品です

季節の味をご馳走さまです
詳しい作り方は、「どんがら汁 作り方」で検索を
ちなみに、スーパーでは真鱈だけではなく
スケソウダラの白子が安い値段で並びますが
味が全く違うのでご注意ください

スポンサーサイト