FC2ブログ

二見屋 山形市

ご飯物
01 /06 2015
正月、こたつでテレビを見ていたら
お寿司にお金を出す全国1位は栃木県宇都宮市 
そして、第2位が山形県山形市!
どちらも海まで遠い町で
海鮮ネタに異常にあこがれがある訳です

そんな事で、山形市にあります 二見屋さん で海鮮ネタです

お蕎麦屋さんなのに、海鮮丼が美味いとの口コミを見つけて
喜んで出掛けるのは案山子のいつもの事です 

場所は山形唯一のコンベンションセンターである山形ビックウイング近く
コンベンションでは色々なイベントがあるので何度も行っていまして
当然ながら、こんなお店がある事はなんとなく知っていました

でも、お蕎麦のお店という先入観で訪問した事は1度もなし

お店は、こんな感じの立派な物件

ふたみ1

大きな屋根が、お蕎麦屋さんのオーラを出しまくっています

車を駐車してお店の入り口に向かうと、あれ~~

ふたみ2

しっかり、海鮮丼の幟が立っているではないですか~~

へぇ~~知らないって、こんな事なんだね

そんな訳で、メニューです
(斜めに写っているのは照明が入らないようにした結果)

ふたみ3

表裏の両方にメニューがあり、片方はお蕎麦のメニューで
こちら側が海鮮丼などのメニューになっています

かなり良心的なお値段にビックリ

お店の味を知る上でも、海鮮丼と蕎麦のセットを選ぶべきか悩んだのですが
タップリと海鮮物を楽しみたくて単品でお願いします

ドーンとやってきました!

ふたみ5

ネタが大きくて、鮮度もとても良く、種類も豊富です
お値段以上の感じがして、おもわずニンマリ 

そして、こんな感じにセットされてきました

ふたみ4

ネタが本当に美味しくて、ネットで調べまくると
以前は山形市内で料理屋をしていたらしい事を見つけて納得です

特に白身の味が良くて、海鮮丼で白身を扱うのは珍しいですよ
メニューに「高知から直送」と書いてあり
新鮮で珍しいネタが味わえるのは嬉しい限りです

こちらには、色々な用事で来る機会が多いので
また良い店を見つけた喜びでウキウキ気分で帰ってきました

お店情報
住所 : 山形市浜崎91-5
駐車 : 敷地内に20台分くらいあります
営業 : 平日11:00~20:00 (途中休憩あり)
      日祝日11:00~16:00
      月曜定休

ケンチャンラーメン山形 山形市

ラーメン
01 /04 2015
新年最初に紹介するラーメン店は ケンチャンラーメン 山形店です

庄内地区の酒田市に本店を構えるケンチャンラーメンは
その独特の麺が最大の特徴となります

お弟子さんのお店は庄内地区から県を超えて秋田にまでありますが
ついに出羽三山を越えて、山形市に支店が出来て
ラーメン好きに大歓迎されたのは何年か前です

ケン1

毎回、悩んでしまう食券機
お金入れて、ラーメンの量を選んで、味の濃さと脂の量を選んで・・・・

券を買ったら、そのまま席に座っていると
お店の人が、○○番の方~~と呼んでくれますので
手を挙げるとラーメンを席まで届けてくれるシステム

通を気取って、セルフの氷水を準備します

ケン2

席が狭いので、こんな風にして待つのが通なんだとか・・・
(大変天気の良い時で、南向きの窓からの日差しで画像が・・・・)

いつも混んでるお店なので、根気よく待ちます
やっと出来上がり~~~

ケン3

これ!ですね

ケン4

これ!ですよ

ケン5

海苔を脇に移動しまして、改めてどうぞ
え~と、大量の麺がスープに浸りきっていません
トッピングのチャーシューもメンマも麺に乗っていてスープに届かず

これで、小盛り! なのに250g以上はありそうな量
普通盛り、大盛りとあり、大盛りは「自信がない人は頼まないで」とコメントあり

その麺が、こちら

ケン6

都会の流行りでオーション粉を使用したワシワシ麺がありますが
あんな感じでありながら多加水熟成な感じ製麺した後に
麺がつぶれるくらい強く手もみした感じの麺

それを歯ごたえ良く茹で上げた、この独特な麺にはまると
また食べたくなる病に罹るのは有名な話

スープは煮干しやアゴ干しなどの良質な魚ダシが効いた中に
動物系が合わさった感じかな
タレの濃さと表面の脂の量を選べますので
自分の好みを見つけると、これが美味くてしょうがないんだな~~~

多分、この店でないと食べられないオンリーワンな味
言葉では伝えられないケンチャンのラーメン
山形市にお店が出来て、感謝・感謝です

お店情報
住所 : 山形市西田2-1-17
駐車 : お店周りに10台分くらい
      混んでいて周りのお店Pに止めるお客がいて迷惑しているようです
営業 : 11:00~14:00、18:00~20:00、土日祝11:00~20:00
      定休 月曜日、第1日曜日

スキー場の思い出

歳時記
01 /03 2015
毎日、雪片づけに追われていますが
昔は休日と言えばスキーへ行ってました
スキーに行くのが大ブームだったと言うのもありますね

山形にいればコチラ、蔵王温泉スキー場 です

とにかくコースが多くて、全部のコースを滑ろうと思ったら
1日では廻れないほど蔵王の山々に広がっています

両端のコースは温泉街を挟んで、離れ過ぎているので
連絡バスが出ているくらいなんです

でも、たまには他県の有名スキー場も行ってみたいと思うもの

そんな事で行ったのが岩手県のコチラ
安比スキー場 と 雫石スキー場

特に安比スキー場は「APPI」のロゴが有名で
そのロゴが入ったスキー場グッツを持っているのが自慢でした
、、、、ってミーハーだった事がバレバレ

スキー2

ウインドブレーカーや、バンダナの思い出品

山形で、このウインドブレーカーを着ていると振り返られた時代も・・・あったね

そして、もう一方が福島県
グランデコスキー場・猪苗代スキー場・猫魔スキー場など

その思い出グッツ

スキー1

グランデコスキー場で購入したコーヒーカップ

この派手なコーヒーカップを、まだ持っている山形県民は多いけど
経営する親会社が変わって無くなったのかな?

スキー3

猪苗代スキー場ミネロコースの帆布製トートバック

猫魔スキー場は当然のネコグッツなんですが
何故か使って無くなっちゃいました
お昼のゲレンデ飯に「猫マンマ」なんてのもあったよね~

なんか、出してみると色々あって
捨てられない品々がタンスの肥やし状態だった事に気が付いた

大掃除は、この次と言う事で・・・


俺のフレンチ 銀座店

飲み屋
01 /02 2015
まだまだ正月気分と言う事で、巷で話題のお店でも
立ち食いスタイルで高級料理が激安な 俺のフレンチ です

念願かなって銀座店にお邪魔しました

俺の1

お店のHPでの紹介
 俺のフレンチの総本山 俺のフレンチGINZA
 シェ・松尾 松濤レストランの元総料理長でありフレンチ界の巨匠、能勢シェフ
 その下で研鑽を積んできた国仲シェフ
 シェ・松尾 青山サロン 料理長を務めた布川シェフの3人が生み出す
 グラン・メゾンの贅沢な料理を、手頃な価格で堪能できるお店です

お店は16時開店になっていて、当然ながら開店から行列がありますけど
閉店近くにもお客を呼ぶためでしょうか
20時以降に頼める 「9種の前菜盛り合わせ」 なるメニューが
HPに画像入りで紹介されていました

仕事が終わる時間を考えると、丁度行けそうかな?と予定を付けます
いざ、訪問すると5組くらいと思ったより少ない待ちだったので
ワクワクしながら行列に並びます

普通、お酒を出すお店のお客の回転は悪いと思いますが
立ち食いスタイルのこちらは、意外とポロッ、ポロッとお客が出てきて
行列も確実に進んでいき、思っていたよりも早く店内に案内されました

さてオーダ、ここに来たらお酒は、これでしょう!! 「俺の泡」

俺の2

お店お勧めのスパークリング(この店では白、ロゼ選択)を
30cmはある大きなシャンパンフルートの グラスに並々と 注いでくれます
このお約束も有名ですよね

正月らしい、おめでたい画像かなっと思いまして

お値段は600円くらいで、激安
手でグラスを持つ事が出来ず、日本酒のように口から迎えにいきます

たしか、チリ産のワインで、冷えたスパークリングは乾杯酒に最高
グラス1,000円ぐらい出せば、結構有名なワインもいただけますよ

お待ちかねの前菜盛り合わせ (食べた当時は1,000円くらい?)

俺の3

その日の、お勧め盛り合わせとなります

店員さんがサラッと説明してくれましたが、既に遠い記憶・・・
この日の一番のお勧めが、右奥のグラスに入ったフォアグラのムースで
シェフのこだわりだと説明された記憶だけありました

重くなりがちなフォアグラを、クリームなどでのばして軽やかに仕上げて
上にはトリフ風味のソースが入っていた・・・・ような

他には鴨、ニシン、サーモンのタルタル、ペンネのゴルゴンゾーラ合えみたいな
前菜とはいえ、そのままメインにもなり得るくらいの味とボリューム

でも、多くにオリーブオイルや味の濃いチーズなどがタップリ使用されているので
正直、お口直しの漬け物が欲しくなったのは、ナイショ 

あ~~、回転寿司の食べ放題ガリでもいいよ~~~って
そんなもの置いてある訳ないでショッ! 

周りのお客さんも、全員がこの盛り合わせを食べていたのには笑っちゃうね
この日は、時間とお腹の都合から他の料理はなしで、お会計
激安値段で御馳走さんです

お店情報
住所 : 東京都中央区銀座8-7-9
営業 : 16:00~23:30 (L.O.22:00)

年越し&おせち

歳時記
01 /01 2015
美味しいお酒には、美味しい御馳走も必要ですね

海まで遠い山形の田舎に住んでいるので
冠婚葬祭も含めて季節の区切りの御馳走に
タイの尾頭付きなんて物は出る訳はなく
やはり川魚の鯉料理となります

地区には、鯉料理だけを扱っている専門店が幾つかあるくらい
色々な集まりの必需品として需要があります

と言う訳で、年越しのメインとして買ってきました
「 鯉の洗い 」です

おせち1
 
当然ながら、好みがハッキリと分かれますね
自分は大好きです
スーパーのマグロの刺身より生きがイイですし


そしてお正月のお餅は、こちら
自宅で作った枝豆の じんだん餅

おせち2

宮城県で言えば ずんだ餅
山形県では じんだ餅 または じんだん餅

枝豆と言えば、山形では庄内の「だだちゃ豆」が超有名ですが
山形の内陸地方では「秘伝豆」という枝豆が広く有名です

そして、この枝豆は栄養が無いやせた土地の方が育つので
自宅のチョットした空地に植えてもOKなんです

夏終り頃に美味しい枝豆でビールを楽しんだ後
余った分は、ミキサーにかけて砂糖・塩で味付けして
冷凍用のジップ袋に入れて正月用~~~

もちろん、ミキサーにかけなくても冷凍出来ますので
山形の郷土料理である数の子豆も出来ます

おせち3

神棚にお供えしたお神酒や山海物もいただきます
あ~、絶対食べ過ぎ
明日も雪片づけ頑張ろう!

高木酒造 村山市

家飲み
01 /01 2015
皆様、明けましておめでとうございます

今年も 「本日、大安食日なり」 の応援を、よろしくお願いします
頑張って色々な食べた記事をアップしていきたいと思います
(なを、過去記事も混在するのは気にしないでネ)

近くの神社へ初詣を済ませ、自宅の神棚にも手を合わせて
穏やかな新年を願います
その後はもちろん、お神酒をいただきますよ~~~

今年の案山子家のお神酒は、昨年に続いてこちらです

朝日鷹 高木酒造株式会社 村山市

あさひ1

日本酒が好きな人なら、一度は聞いた事があるであろう
かの有名な「十四代」を醸している酒蔵さんで出している 普通酒 です

あさひ2

十三代目までは、地域で地道にお酒を造っていたのですが
このままでは酒蔵がつぶれてしまうと、不安を強く持っていた十四代目が
こだわりの作り方で作ったお酒を売り出しました

しかし、すぐに有名になるほど日本酒の需要があるわけでもなく
それでも取引してくれたお店に感謝して
有名になった後も、関係がある問屋さんにしか卸さないので
市中ではプレミアが付く値段で出回っています

有名なった今でも、地道に作っていたお酒は販売しています
味が十四代に似た傾向ながら、値段は普通酒なので人気が高くなり
昔は近くの酒屋さんで普通に買えたのですが
今では、地酒を扱う専門店に行かないと買えなくなったのは
自分にとっては寂しいような・・・嬉しいような・・・複雑な気分

まぁ、こうして自分もブログに書いてますからね

あさひ3

本醸造なので添加アルコール入りですが、精米率60%は削ってる方かな
原料は国産米となっていますが、十四代と同じ米も使用しているとの口コミも

今回のお酒は、12月から5月までの限定で出される新酒生貯蔵タイプ
(ただし、出荷時に火入れはされています)

いや~~、うまいな~~

添加されたアルコールの刺激はありますが
サラリとした甘さと飲み口は高木酒造(十四代系)ならではです
お値段以上なのは言うまでもないところ

正月料理で一杯、また一杯
アルコール添加で味の変化は少ないですが
それでも、開けたら変化はありまして
サラッとした感じから、甘味が出るせいなのか
結構しっかりとした味へ変化していきますね

まだピヨピヨなブログですが、よろしくお願いします