和田酒造 河北町

家飲み
06 /12 2017
案山子です、今回は家飲みネタ

たまには贅沢をしてみたくなり
コチラの純米大吟醸をゲットです

IMG_6462.jpg

和田酒造さんの 「あら玉」 です

小さな酒蔵さんで、おもに地元消費のお酒を提供でした
でも、最近は色々なシリーズも出していて
山形の新聞にも広告を出すなど
販売拡大に力が入っていますね
ラベルが金ピカで、正面から撮ると構えたカメラが写るくらい
眩しいラベルになってます (^^♪

IMG_6463.jpg

原料米は、和田酒造さんのお得意である改良信交
現在では珍しい品種となってしまい
この酒米を使用しているのは、この酒造さんくらいかな?

飲んでみますと、さすがに純米大吟醸の味です
ただし、フルーティさとか吟醸香などを
全面に出してくる味ではなく
柔らかな感じがします

IMG_6465.jpg

さすがに精米歩合が高いお酒は
雑味がなくて美味しいです
ジックリと味わいながら飲むのにイイね


スポンサーサイト

若の井酒造 飯豊町

家飲み
05 /14 2017
案山子です、いつもの晩酌ネタです

とある酒屋さんのブログで、何やら自分好みなお酒を発見
それが飯豊町にあります若の井酒造さんです

自分が知るイメージでは日本酒らしい酒蔵さんでした
ところが、特別なシリーズが美味いとの事

IMG_6440.jpg

コチラの雪室貯蔵シリーズが美味いらしいのです
飯豊町は山形南部の新潟寄りにありまして
非常に雪深い地域です
その邪魔な雪を、少しでも利用・活用しようと
町が音頭を取って巨大な雪室を作りました

保存が効く野菜類や自慢のおコメなどを貯蔵するだけでなく
若の井酒造さんも、このお酒を貯蔵して
春から夏、秋、冬とシリーズで出していくのです

IMG_6441.jpg

正直、山形県内でも有名な方ではないですけど
飲んでみたらコレが美味い!
酸味と甘みのバランスが取れていて
非常に自分好みです

いわゆるフルーティなお酒とは違う方向の味
派手さは無いけども、じっくり飲みたい感じかな
着物の生地の様な布製のラベルは珍しいです
もっと有名になってもイイようなお酒ですね
ただし、山形なら出羽桜さんの様な強力な広告を出すような
その費用も小さな酒蔵には大変でしょうけども

IMG_6443.jpg

春のは、今年の新酒なのでまだ若いお酒との事
このまま夏から冬まで熟成させた味を楽しむのもイイね
楽しみが増えました
特に1年間熟成した冬宝は飲んでみたいです
マメに酒屋さんへ顔を出してみたいと思います

曙酒造 福島県会津坂下町

家飲み
05 /08 2017
案山子です、喜多方みやげのお酒2本目

曙酒造さんで造ったプライベートなお酒を出している
五ノ井酒造さんの 「央」 を購入したら
やっぱり、曙酒造さん自前の 「天明」 も購入しないとね

IMG_6551.jpg

天明の特別シリーズ 伍号
零号から始まった、このシリーズは
訪問しているブログさんで、たびたび取り上げられており
いつも指をくわえて見ているだけでした
冷蔵庫に発見したら、それは買うでしょう

IMG_6553.jpg

お酒の詳しい説明は、裏ラベルにシッカリと書いてあります
今年のシリーズ的には、この伍号で完結
位置的には 「夏酒」 との事

そいえば昨年の秋に限定品の夏酒を飲みました
そちらは 「さらさら飲んでほしい」のでアルコール度数が低め
この伍号は一言で言えば 「華やかな味」
酸味・旨み・甘みなどのバランスが取れていて
その味のどれもが主張するハッキリとした味です

味の基本は天明さんのフルーティなお酒で
その上に、おコメの特徴とかが出ている感じかな

IMG_6552.jpg

醸造したタンクからお酒を絞る際の「中取り」
最も安定した美味しさが味わえる部分
ほんの少し「澱」が入っていまして
うす濁りよりも、さらに霞くらいに薄い濁りがありました
この澱がまたコクを出している気がします

この天明は、山形で見かけないのが残念です
見かければ購入決定ですね
ご馳走さまです

央 五ノ井酒店 会津坂下町

家飲み
05 /05 2017
案山子です、喜多方のお土産です

朝早くから喜多方のしだれ桜を楽しんで
お昼には念願かなって課題ラーメン店に再訪
実はその間の時間に、お土産を買いにへ行ってました

喜多方市から15分少々でしょうか
会津坂下町の 五ノ井酒店 さん
色々な方からお勧めされたお店なんです
会津の地酒を扱っているうえに
曙酒造さんの天明を基にしたプライベートブランド
「 央 」を販売していることが有名なんです

IMG_6554.jpg

お店の冷蔵庫には、福島の地酒が多数揃っている中で
ご自慢の「央」も、シリーズで揃っており
日本酒初心者の自分には、何が何だか・・・
そんな時は、素直に店主に聞くに限ります

この時期の中で、初心者が飲むにはどの辺から?
少し悩んで、この辺からいかがですか・・・と、「荒ばしり」です

IMG_6557.jpg

コチラの「央」は、基本のお酒とかなくて
その時の美味しいお酒を出しているシリーズみたいですね
この緑ラベルは、いきなりの番外編です

IMG_6555.jpg

仕込み十七号
とにかく、樽ごと管理なのでしょう
飲んでみれば、酸味・甘み・旨み・香り、など
全くスキがない完成されたバランスのお酒

荒ばしり、となっていますけど
弾けるようなフレッシュ感がありながら
薄っすら白濁仕様のため、まろやかさも感じます
さすがに、プチプチの炭酸感は無いですね

自分が苦手とする日本酒感は、全く無し!
香りはそんなに強い方ではないのですが
完熟した梨を丸かじりしたような
フルーティ感が弾けます
スイスイ飲んで、気が付けば半分くらい無くなってしまい
慌てて止めました
そして、これだけ飲んでも悪酔い感はゼロです
自分好みのど真ん中ですね

また買いに行きたいです

長沼合名会社 長井市

家飲み
04 /13 2017
案山子です、今回は隠れた銘酒です

長井市にあります長沼合名会社さんは小さな酒蔵で
醸しているお酒の種類も数種しかない
そんな酒蔵です
なので、自分の近所の酒屋さんでも見かけません

IMG_6265.jpg

その中で、この 惣邑 は隠れた銘酒なんです
その理由として、ある酒屋さんの紹介がコチラ

 十四代で知られるお米、「羽州誉」を使用したお酒です
 香りは優しく穏やかで、口に含むと
 早摘みを思わせるようなドライな感覚と酸味、甘味が広がります
 「あれっ!?」と・・・いつの間にか無くなるようなお酒です


この羽州誉は、十四代で知られる高木酒造の蔵
高木辰五郎氏が開発し育て上げた酒造好適米で
この酒米を使用している酒蔵は極めて限られます

IMG_6267.jpg

飲んでみると、確かに十四代的な独特の柔らかさがあり
もちろん自分の好みド真ん中の味がします
まぁ、十四代ほどの甘みも香りも強くは無いですけど
コチラらの味として美味いですね~~
小さな酒蔵だからこそ出せる味ではないでしょうか
少なくとも、多くの山形酒にある様な日本酒的な味はしません
このお酒も、先の岩城壽のアカガネと同じく
長井市まで行って購入してきました

IMG_6269.jpg

このラベルが、お酒の特徴を語っています
日本酒の奥深さを実感できるお酒ですね
まだまだ美味しいお酒はあるようです