自宅でパスタ

パスタ
03 /11 2018
案山子です、今回は自宅飯

7年になった震災日
忘れられないこと、忘れてはいけないこと
色々とあるかと思います
そんな訳で、本日は外食ではなく自作です

IMG_7821.jpg

茹でたパスタに、混ぜるだけのソース
やっと青物野菜の値段が下がってきたので
水菜を山のように載せまして、贅沢しましたよ (^^♪

IMG_7822.jpg


自宅に、こんな備蓄が必要なのを痛感しました
3月のこの時期は山形も寒いのですが
震災の時は通勤のガソリンが貴重なので
自転車でスーパーへ買い物してましたね

さて、合わせるのはビール

IMG_7793.jpg

ベルギーのホワイトビールに似せたタイプ

サッポロさんで、レギュラー商品みたいです

IMG_7791.jpg

普段飲んでいるドラフトビールに対して
この様な味付けタイプは全く違う雰囲気がイイです

コリアンダーからくる独特の香り
オレンジピールの甘い感じ
そして、製法からくるフルーティさ

アルコール度は普通に5%あるのですけど
酔いが穏やかな気がします

さて、明日からまた仕事だな

スポンサーサイト

アーリオ 南陽市

パスタ
10 /16 2016
案山子です、今回はパスタランチです

南陽市に移転しました アーリオ さん
開店して早速伺いまして、すでに記事にしました

その時には、平日ランチがまだ始まっていなかったので
頃合いを見て、ランチ狙いです

IMG_5418.jpg

色々な種類がギッシリ書いてある基本メニュー以外に
お店の人気メニューが画像付きであります

さて、狙っていた平日ランチですが
メニューは1種類のみで、880円 (税込み)
この日は夏野菜のトマトソースパスタでした

最初にサラダです

IMG_5419.jpg

普通の時はサラダボウルで提供されるサラダも
大きな皿に、豚肉のカツレツが付いてきました
もちろん揚げたて、アツアツです

IMG_5420.jpg

このサラダだけでも十分な食べごたえがありますね

野菜も色々な種類がありまして、栄養的にも味的にもグッドです

さて、パスタの登場

IMG_5421.jpg

大きめのお皿に、前回と同様にタップリの麺量でやって来ました
小ジャレタお店の2倍はありますね

夏野菜にベーコンが入っていて、十分な旨みがあり
ソースも塩分も丁度で、美味しくいただけます

ドリンクは、オレンジジュースを
粉チーズも容器ごとタップリと出てきます

IMG_5422.jpg

一品加わったサラダとパスタ、それにドリンクもついて
もうお腹いっぱい

噂通りのリーズナブルな価格で
お得感が半端ないです
平日は、なかなか行けないのが残念

お店情報
住所 : 山形県南陽市赤湯2860-1
駐車 : 敷地内に十分だけあります
営業 : 11:00~15:00、ディナー 17:00~21:00
    火曜日定休 祝日の場合は翌日定休

アーリオ 南陽市

パスタ
06 /29 2016
案山子です、今日は南陽市の新店紹介です

南陽市のグルメ街であるイオンタウン近くにありました
手作りソーセージのお店 スモークハスファイン さんが
撤退されまして、その空き店舗に
そのまま入ったパスタ屋さん アーリオ さんです

IMG_4840.jpg

実はコチラの店、お隣の長井市にあった店なのですが
市内の中心商店街の大型スーパーが撤退したのに伴い
客数が伸びないのを見越してか
南陽市のグルメ街へ移動してきた、長井市では有名店だったのです

以前のファインさんも記事にしていまして ➡ コチラ

建物自体は全く同じですね
ちなみにお店キャラクターの豚さんは、高畠町の本店に飾ってありましたよ

さて、メニューです

IMG_4835.jpg

口コミでは、長井市の時の全くそのままのメニューらしいです

スープ系、トマト系、クリーム系、塩系、さらにはオーブン系などに
それぞれ素材の違いで豊富なメニューの数ですね
オーブン系って、オーブンで焼きパスタ?チーズタップリ?

これだけあると悩みますが、まずはスープ系で魚介をね
全体的に、お値段が900円から1,000円と、ややお高めですが・・・・

IMG_4836.jpg

全てのメニューにサラダ付き

このサラダが、普通に一人前を頼んだような大きさ
器の大きさにビックリしました
大きさは、ゆで卵の輪切りのサイズからご想像くださいませ

モリモリと野菜を食べまして、パスタを待ちます

そして、パスタの登場!

IMG_4837.jpg

これまた大きなお皿に、タップリの麺量で盛り付けられてます

なるほど、このサービスタップリなのが人気の的だったのですね

イカ、エビにキノコやワカメも入って、ダシが効いたスープに
オイルが混じりこんで分かりやすい美味しさです

IMG_4838.jpg

パスタ屋さんって、どうしても上品な麺量になって
自分はあまり利用しなのですが
コチラは十分満足できる食べごたえでした

実は、コチラの店は日替わりランチが更にお勧めらしいのですが
店内メニューに、営業が慣れるまでランチはお休み・・・と

パスタがこれだけ満足なのですから
お勧めランチも、ぜひ食べてみたものです

ランチの復活は、いつかな~~

お店情報
住所 : 山形県南陽市赤湯2860-1
駐車 : 敷地内に十分だけあります
営業 : 11:00~15:00、ディナー 17:00~21:00
    火曜日定休 火曜日が祝日の場合は翌日定休

自作カルボナーラ

パスタ
11 /09 2015
案山子です、今日は自作ネタ

冷蔵庫に、使いかけの生クリームを発見
ベーコンもあったので、カルボナーラに決定!!

かるぼ1

今回は卵を使用しない、生クリームだけのタイプを目指します

卵を使うかどうかは色々とクチコミなどがあるようですが
お店の本格的な、あのネットリとしたソースにするには
結構なテクと経験が必要なので・・

卵がボソボソに固まったのは好きではなし
またまた、温かい生玉子みたいな中途半端ソースも美味しくないので
あえて、使わないタイプです

かるぼ2

ベーコンをジックリ焼いて脂が出たら
生クリームをガッツリと濃縮させましてソースにします

頑張って、出来上がり~~

かるぼ3

濃厚なソースは、お皿に溜まる事もなく麺に絡みついてます

塩は、麺を茹でる時も、ソースにも加えませんでした
生クリームとベーコンに塩分があるので
煮詰めたソース自体に塩っけが十分にあります

かるぼ4

一応、カルボナーラなので黒コショウだけはタップリと

最近は、ソースのクリーム感を重要視して
黒コショウが振られていないカルボラーナを見かけますけど
カルボ(炭)の黒い色がなければ意味がないよね~

いただきます!
ネットリしたソースがたまりません

ところで、このパスタ
材料となる生クリーム代が結構高くて
この一皿分だけでも200円位かかりました
ベーコン・その他なども考えると
お店なら900円以上は掲げないとダメですね

意外と贅沢なメニューなんです

俺のフレンチ・イタリアンAkasaka 東京

パスタ
09 /10 2015
立ち食いスタイルの営業でコストカットする事で
高級フレンチ・イタリアンが格安でいただける、俺の~~~店

一頃はマスコミでも取り上げられて毎日客が詰め掛けていましたけども
さすがに激混みブームも去りまして、今は全座席準備の形態が多いみたい

そんなグループ店でランチ営業をしているのが数店あります
その1つの赤坂店へ行きました

おれの1

おれの2

今回で2度目

ランチにお店に行くのは理由がありまして
有名なワタリガニやオマールエビのパスタが食べたいのですが
お店の戦略として、お客さんに何度も来てもらうために
1回来て多くのメニューを制覇出来ないように、一品の量が凄く多いのです
夜の部で飲んだ時では、とても食べ切れる量ではない為
お腹をすかして昼の部になります

今回は全席座って食べる形態になっていたので
ゆっくりといただきました (^。^)

おれの3

ランチではテーブルチャージを取らない代わりに
ドリンクを一杯、必ず注文のルールですので
メニューの 「お勧め!」 とある季節のスパークリング(ノンアル) 480円
350mlの缶ビール分くらいある大きなコップです

あっ、お冷は頼むとレモン水が無料で来ますよ

今日のパスタは、オマールエビのトマトクリーム 999円!!

ジャン!

おれの4

とんでもない量のパスタと、巨大なオマールエビが縦に半分

居酒屋宴会コースの品としてとして3人前か、女子会なら4人前でもイケるかも
その位のテンコ盛りな量があります

おれの5

普通の高級店だったら、お皿の窪んだ中央の部分に
おにぎりくらいに丸まったパスタが、チョコンと来るだけですからね

おれの6

麺を半分くらい食べて、やっとエビ全体が見えてきました
巨大なオマールエビは、尻尾までピンとのばしたら30cmはあるかと・・
ハサミの大きさは指をそろえた自分の掌に近いくらい

そして、濃厚な生クリームに加えてトマトの酸味で爽やかさもあり
海老の殻やミソからでる香りとコクで、間違いなく高級フレンチの味です

もちろん、注文が入ってから調理したのでは出ない味ですので
仕込みの段階で濃厚なソースを作ったものです
・・・・なぜそんなに詳しいかって?

他店の夜の部でキッチンが目の前の席で飲んだことがあり
注文が入ると、仕込みで作ったソースの入ったタッパーを冷蔵庫から出しまして
ニンニクをゆっくりと炒めたアルミパンに
そのソースとエビを取り出して麺と合わせて作る様を
真近で見ていたから

おれの7

尻尾に詰まったお肉を取り出しました
これを一口でほおばれば、幸福感に浸れます

巨大なハサミの部分は遠慮なく手で持って、ホークで身をほじりながらいただきます
ハサミ根元の関節にまで身は入っているので
ちゃんと殻が割ってあって、食べやすく仕事がしてあります

おれの8

かぁ~~~~、食った~~~

高級フレンチ・イタリアンなのに
ラーメン300g以上をスープまで完食したような満足感 (そんな例えかい!)

本当ならお皿に残ったソースを綺麗に食べるために
パンも有料でオーダーできますけど、そんな気力も無いくらい・・・・満腹です

ドリンク入れて、税込み1600円位ですからね
食材コストは7割とも言われている俺のシリーズ店

今回のパスタも999円から計算すれば
食材コストが700円として、コレが3割の計算でメニュー料金を出すと
通常のお店なら2,300円くらい、高級店なら2,500円とか・・・

高級店は飲み物も安くて800円とかしますから、合計すると
「ゴチになります」のお店の様な値段のランチになってしまいます

また、お客を呼ぶための限定5食!なんていうのは
食材コストが250%!!! なんて話も・・・
2500円で仕入れた食材を料理して1000円で売る訳ですね

実は、それが食べたくて開店の16時に並んだこともありました
そんな思い出の記事も、少しずつ上げていきたいと思います

ご馳走様です