FC2ブログ

鶏正 山形市

家飲みの友
05 /14 2019
案山子です、今回はお惣菜屋さんです

山形の口コミサイトや色々なブログで
必ず登場する有名な惣菜屋さんがあります

それが、こちらの 鶏正 さん
やっとの事で初訪問です

IMG_9248.jpg

山形市の青春通りから住宅街の細道へ
もう、お店なんかないだろうって思うような場所
地区の会館の向かい側に発見しました
かなり古さを感じる店構え

IMG_9250.jpg

IMG_9249.jpg

ブログで見かける張り出しメニュー
黄色い紙の、肉団子が有名みたいです

お店のガラス戸の隙間からは
油で揚げるイイ匂いが流れてきまして
この時点でヨダレが出てきますね (^^♪

ん~~と悩んで
有名な肉団子と自分の好きな手羽先を

IMG_9251.jpg

自宅で宴会です
どちらも注文が入ってから揚げてくれましたが
さすがに夜までは冷めたので軽くレンチンしました

IMG_9252.jpg

念願の肉団子
握りこぶしのデカさで60円と格安
最初にフワフワの食感に驚きます
中にはざく切りした玉ねぎがタップリ
そして、ネットリするまで細挽きしたむね肉?
とにかく鶏肉というより魚のすり身かなと
錯覚するくらいの色白でアッサリ感

スーパーで見かける肉団子とは
もう似て非なるもの!といえます
このアッサリしたネタを素揚げすることで
周りはカリッとなって油の味も付き
そこに、みたらし餡の甘じょっぱい味が絡み
後を引く美味しさなんですね

忘れていましたが、手羽先も
コチラは揚げ具合が抜群!!
これ以上揚げたら肉が固くなる
その寸前で止めているので
こんなジューシーな状態の手羽先は
食べた事は無いです、最高!

また買いに行こう!

お店情報
住所 : 山形市飯田2-12-24
駐車 : お店前にスペースあり
営業 : 9:00~21:00 基本無休らしい

スポンサーサイト



正月ネタはコレ

家飲みの友
01 /02 2019
案山子です、正月休みのネタです

新年のグルメネタは昨年食べて美味しさに目覚めた
河北地区の肉そば自作です

IMG_9029.jpg

近くの肉屋さんで美味しそうな親鳥肉を発見!
そしたら肉そばを作りたくなります

早速、煮込みます

IMG_9031.jpg

粉末のイリコ風味と醤油と味醂と
味の決め手である砂糖を少し多めで
10分ほど煮込んだだけで
物凄い美味しい鶏出汁が出来ました

ブロイラーでは絶対に出せない味でして
さすが、親鳥のパワーです
そして、このまま常温にさまします

さて、合わせるのは蕎麦のはずなんですけど
本格的な蕎麦はこの出汁に合わないし
わざわざ、ゆで蕎麦を買いに行くのが面倒なので
冷凍庫にあった讃岐うどんで代用です

IMG_9042.jpg

河北のお店で出しているような
黄色い鶏油タップリとはいきませんでしたが
味は油っこくて甘くてダシが効いている
河北風の味になりました

IMG_9043.jpg

親鳥肉は、もの凄く固いですけど
出汁を取った残りと思っているので
奥歯で噛みしめていただきます

さて、麺を出し汁で味わったところで
もう一つのお楽しみがあります
それは、河北のお店で見つけたコチラ

IMG_8572.jpg

連食予定だったので食べれませんでしたが
この、つゆだく卵かけご飯が、気になって、気になって

そんな訳ですので、早速ご飯を準備します
ちなみに肉そばは常温のぬるさが美味しいのですけど
ご飯はさすがにレンチンした熱々にしました

IMG_9044.jpg

この御飯に、残しておいた肉そば出汁を
た~~ぷりとかけます

ハイ出来上がり

IMG_9045.jpg

軽く混ぜて、いただきます

「コレが、絶頂に美味い~~~!」

いや、いや、生卵と親鳥出汁のハーモニーが
この世の物とは思えない美味しさを出してきます

卵かけご飯って、醤油以外にかける物が
色々と話題になっていますけど
自分的には、この出し汁が最強なんじゃないか
そのくらい美味いです
蕎麦つゆではダメでしょうね
親鳥のダシと脂がポイントだと思います

いや~~、楽しめました
ちなみに、親鳥肉はとても安くて
今回の小さなパックで100円でした
地域の食文化だね

ご馳走さまでした

吾有事(わがうじ) 奥羽自慢

家飲みの友
01 /01 2019
案山子です、新年あけましておめでとうございます

今年も当ブログをよろしくお願いします
新年のお祝いには、やはり日本酒で

今年は山形県のコチラにしました
紅白のめでたい感じがイイです

IMG_9024_20181230202816b4b.jpg

吾有事(わがうじ)

酒造会社は、奥羽自慢になりますが
実はコチラの酒造さんは経営が困難になり
現在は庄内の有名酒造である 楯の川酒造 さんからの
支援を受けての経営となっていまして
その酒造りの中で
若手が立ち上げた新ブランドになります

その目指す酒造りのポイントは

  ・綺麗で上品な旨味のある味わい
  ・全量手造り 総米750Kg以下の小仕込み
  ・わかりやすい酒質

山形県産の原材料を使用したこだわりのお酒
今回、初めていただきました

IMG_9026_20181230202817047.jpg

飲んだ感じは、ズバリ自分好みの味
山形のお酒にしてはスッキリ系
果実のような吟醸香もアリ
自分が探し求めていた味ですね

大変美味しくいただきました
無濾過生原酒以外に種類があるので
幾つか飲んでみたいお酒でした

実は自分、ビールも好きなんです

IMG_9033.jpg

左の緑色の方は山形県産ホップと
宮城県産の大麦使用で
一本当たり1円の東北復興支援になります
東北の春も祈願したいと思います
右の外国ホップも香り良くてイケました

さて、ご馳走も食べましたよ

大晦日は美味しい肉になってます

IMG_9060.jpg

地元、米沢牛を買ってきました
サシの入り具合にテンションが上がります

IMG_9061.jpg

そして、元旦はおせち料理

IMG_9062.jpg

近くの神社へ初詣
そして、お神酒と一緒にいただきます

IMG_9063.jpg

二の段は煮物で

IMG_9064.jpg

ちなみに
山形は今朝も積雪があり除雪もあったので
玄関前の雪片付けもしました
後は、飲んで食べてユックリ正月です

手作りローストビーフ

家飲みの友
02 /19 2018
案山子です、今回は酒のつまみ自作編です

近所のスーパーで安売りだったと
牛肉の塊りが冷蔵庫にありました

IMG_7371.jpg

それでは、台所で邪魔にならないようにして
料理を始めます

狙いは生々しいローストビーフです

IMG_7372.jpg

まずは、表面にシッカリと塩コショーをしまして
強火で全体に焼き目を入れました
強火で焼くのは、表面だけシッカリと焼きたいから
中は生のままで仕上げます

もちろん、このままでは生焼け肉です

IMG_7373.jpg

ラップ袋に肉を入れて、シッカリと空気を抜きまして
沸騰させたお湯に入れまして、そのまま放置

本来だと、低温のオーブンで焼いたりします
でも、そんな器具もないし面倒だし
肉に必要な加熱がなされればいいので
お湯の温度だけは管理します

・・・で、次の日

IMG_7389.jpg

朝になったら冷蔵庫に入れて落ち着かせました

そして、夜の晩酌タイム
切っても肉汁が出ないくらいになってます

そして、こんな仕上がりにしてみました

IMG_7388.jpg

流行りのローストビーフ丼風です
この時に温泉卵が無かったことが悔やまれます

味はあまり強くしていないので
ワサビ醤油でいただきました

以上、個人の勝手な調理法です
衛生管理上の必要な
肉の中心温度まで測定しての
シッカリとした加熱ではありませんので
あくまでも、ふ~~ん、そうなのね・・・と
参考までにお願いします

本日の三種盛り

家飲みの友
11 /03 2017
案山子です、お酒のおつまみです

日本酒に合うつまみを揃えました

IMG_7297.jpg

いただき物なのですが
もう、お酒が美味しくなる物ばかりです

コチラはホヤの塩漬け

IMG_7298.jpg

新鮮なホヤをさばいて
すぐに塩漬けした物
塩分は強くなくて、イカの塩辛程度
保存食というよりは、風味を出すための塩ですね
ホヤ独特の味がして海の香りがします
それを好みの日本酒で流しますと
後味に甘い味が口中に広がりまして
この甘みが、海のパイナップルと言われる所以ですね

もう一つが、この時期のイクラの醤油漬け

IMG_7299.jpg

もう言わずもがなですね
プチっと弾けて、口中に広がる旨み
これまた日本酒にバッチリです
今年は鮭も不漁でイクラが品薄とか・・・
十分に楽しめるくらいいただけるのは
本当にありがたいものです

イカの塩辛は、お気に入りの魚屋さんでゲット

酒飲みの至福の時です