手作りローストビーフ

家飲みの友
02 /19 2018
案山子です、今回は酒のつまみ自作編です

近所のスーパーで安売りだったと
牛肉の塊りが冷蔵庫にありました

IMG_7371.jpg

それでは、台所で邪魔にならないようにして
料理を始めます

狙いは生々しいローストビーフです

IMG_7372.jpg

まずは、表面にシッカリと塩コショーをしまして
強火で全体に焼き目を入れました
強火で焼くのは、表面だけシッカリと焼きたいから
中は生のままで仕上げます

もちろん、このままでは生焼け肉です

IMG_7373.jpg

ラップ袋に肉を入れて、シッカリと空気を抜きまして
沸騰させたお湯に入れまして、そのまま放置

本来だと、低温のオーブンで焼いたりします
でも、そんな器具もないし面倒だし
肉に必要な加熱がなされればいいので
お湯の温度だけは管理します

・・・で、次の日

IMG_7389.jpg

朝になったら冷蔵庫に入れて落ち着かせました

そして、夜の晩酌タイム
切っても肉汁が出ないくらいになってます

そして、こんな仕上がりにしてみました

IMG_7388.jpg

流行りのローストビーフ丼風です
この時に温泉卵が無かったことが悔やまれます

味はあまり強くしていないので
ワサビ醤油でいただきました

以上、個人の勝手な調理法です
衛生管理上の必要な
肉の中心温度まで測定しての
シッカリとした加熱ではありませんので
あくまでも、ふ~~ん、そうなのね・・・と
参考までにお願いします

スポンサーサイト

本日の三種盛り

家飲みの友
11 /03 2017
案山子です、お酒のおつまみです

日本酒に合うつまみを揃えました

IMG_7297.jpg

いただき物なのですが
もう、お酒が美味しくなる物ばかりです

コチラはホヤの塩漬け

IMG_7298.jpg

新鮮なホヤをさばいて
すぐに塩漬けした物
塩分は強くなくて、イカの塩辛程度
保存食というよりは、風味を出すための塩ですね
ホヤ独特の味がして海の香りがします
それを好みの日本酒で流しますと
後味に甘い味が口中に広がりまして
この甘みが、海のパイナップルと言われる所以ですね

もう一つが、この時期のイクラの醤油漬け

IMG_7299.jpg

もう言わずもがなですね
プチっと弾けて、口中に広がる旨み
これまた日本酒にバッチリです
今年は鮭も不漁でイクラが品薄とか・・・
十分に楽しめるくらいいただけるのは
本当にありがたいものです

イカの塩辛は、お気に入りの魚屋さんでゲット

酒飲みの至福の時です

自家製チャーシュー

家飲みの友
07 /14 2017
案山子です、お酒の友シリーズです

美味しいお酒には肴が欠かせません
夏は山形の美味しい枝豆を楽しみたいですね
でも、実際に食べられるのはお盆過ぎなんです

そんな訳で、コチラ

IMG_6636.jpg

今どき流行りの、低温調理チャーシューです

沸騰した調味液へ塊肉を入れて数分
その後火を止めて、そのまま冷まします

すると、見事な低温調理のチャーシューが出来上がり
焼いたらパサつく鶏肉もジューシーだし
豚肉だって、時間を調整すれば美味しくいただけます

ネットの情報を駆使すれば
こんな肴が出来るなんて便利ですね

南蛮納豆 川西町

家飲みの友
06 /13 2017
案山子です、毎度おなじみ、お酒のつまみです

地域の狭い地区でのみ食べられている物って
その方々には当たり前すぎて
別に珍しい物ではなかったりしますよね

そんな感じで、コチラの紹介です

IMG_63741.jpg

川西町にあります (株)酢屋吉正 さん
コチラで販売している、この南蛮納豆が有名なんです
自分の近くでは、スーパーの納豆コーナーに
当たり前のようにコチラは売っていますね

IMG_6376.jpg

引き割にした納豆に、お店自慢の麹と南蛮粉が入り
味付けもなされているので、このままでOK
醤油とか味付けなしにいただけます
もちろん、白飯に相性が抜群との事

IMG_6394.jpg

お酒のつまみには、こんな感じにしてみました
これを小さくカットした海苔で巻いて食べると
日本酒にピッタリなんですね
ピリッとした辛味と麹のホンノリ甘さで
いくらでも飲める感じです

結構、麹の甘さも強く感じるので
自分的にはご飯のお供としては甘すぎるので
この時は醤油をひと垂らしするとグッドです

地元ネタでした

アナゴ丼

家飲みの友
05 /15 2017
案山子です、美味しい日本酒に合わせた料理です

魚屋さんでアナゴが安かったので購入しました
アナゴの旬は、サッパリしている夏だとか
いやいや、脂がのった冬だとか
意見が分かれる話があるようです

IMG_6385.jpg

いつも行っているお店で、お値段が安かったので
この辺では冬~春にたくさん捕れるのかな

さて、鱗がないヌルヌメ系の魚は
表面の皮側に臭みがあるので処理します

IMG_6386.jpg

まな板に魚を広げて皮目に熱湯をかけると
白い塊が浮いてきますので
これを取り除きまして水洗いです

その後、適当な味付けで煮アナゴにしました

IMG_6389.jpg

煮る時間は 「適当に」
長時間、煮込んだからと言って美味しくなるとは言えず
そこはプロのテクニックがあるらしいのです
でも、まぁ、自分は素人なので、あまり考えません

IMG_6395.jpg

煮アナゴをタップリ乗せたアナゴ丼です
アナゴの煮汁を、頑張って煮詰めて
ドロッとしたタレを作れば
煮汁に移ったアナゴの味も十分に味わえるプロの味
でも、その煮詰めがまた難しい!

なので、サラッとしたタレで仕上げました
これは絶対に日本酒でしょう
フックラ煮あがったアナゴも美味いし
その煮汁が浸み込んだ白飯が、これまた最高!
あ~~、たまらない